いとおかしひとりごちる。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
これまた某テレビ番組をみて。


犯罪を起こした人に、保護監察官なりボランティアの保護官がつくらしい。
その保護官の大きな役割が、就職先を見つけることだとか。

やっぱり犯罪を起こしたことがある人を受け入れてくれる会社は少ないらしく、心を入れ替えて社会復帰したくとも、就職が見つからずいらいらしてまた犯罪を・・・ってケースが多いらしい。

そうさせないためにも、就職先を斡旋することが重要になってくる、というわけ。


それはわかるよ?
立ち直ろうとがんばってる人がいることもわかるし、
また犯罪を犯すことがないようにって思いもね。


でもさー、普通にがんばって生きてきて就職先が見つからない人だっているわけですよ。
だからって犯罪を犯すわけでもないし。
そういう人の立場は?ってちょっと思う。
というかすごく思う。

立ち直りの初めの就活から全面手助けって。
ほんとにそれは正しいの?

だからって犯罪がなくならないのもやだけどさ。


まぁ、早い話が誰かあたしに就職を斡旋してくださいってことです・・・
スポンサーサイト




    
SKIN:Babyish-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。